街でいちばん小さなケーキ屋からのお知らせ と 出来事を綴ったブログです。          福岡県大牟田市築町3-6  0944-56-5506


by tambour-cheese
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

約30年ぶりの福島

実は 父の仕事の関係で 
2年間ほど 福島県に住んでいたことがありまして
約30年ぶりに たずねてみました。

当時は 新幹線も無く
ローカル線で コトコトと揺られ 東京から約3時間?かかっていたのが
今では1時間ちょっとで 福島に着いてしまいます。

そんな福島のカフェも たずねにてみました。
住宅内にある 「風と木」というカフェ

c0164401_3335196.jpg

看板を見た瞬間に
よさげ~なオオラを感じます♪
c0164401_3385482.jpg


ドアをあけると
思ったとおりの素敵なカフェで
店内は 木の机にイスに そして床
器や小物も有り 何より気に入ったのは
それぞれの机に それぞれ違う生花が 置かれているところです。

ケーキセットの もちろんチーズケーキを注文します。
c0164401_3402914.jpg

ん・・・・・美味しい・・・

周りでは おしゃべりに夢中な中
一人 眉間にシワをよせ ケーキを分析しながら食べる私。
で・・・結果何も収穫無しで 食べ終わってしまうのですが・・・

だけど
美味しいケーキと 素敵なカフェに出会えたことが
とても 嬉しかった。






30年ぶりに 住んでいた場所を訪ねるのって
とても ドキドキするものです。

絶対行きたい場所をリストアップしておいたので
その場所を 訪ねてみることにします。

近づくにつれ
「あーこのセブンイレブン覚えてる!! うわぁ~こんな所あったっけ!!」などと
テンションもあがってきます。

まず 松浦ベーカリー
ここには 同級生が住んでいて引越しの日に 差し入れにと 
パンを沢山持ってきてくれた思い出のパン屋さんです。
コッペパンに切り込みが入った中に 真っ赤ないちごジャムが入ったシンプルなパン
そんなジャムパンが 大好きで・・・
あれから30年・・・・もう お店も無いかもと おそるおそる近づいてみると・・・

「あった!!」

お店が綺麗になっていたけど あった!!
ドアを開け 店内を見渡すと
そこには そう あの 何も変わっていないジャムパンが!!

それを買う為レジに行き お金を払い 友達の名前をたずねると
その方はお姉さんで 友達は結婚して違う場所に住んでるとの事
冷静に答えるお姉さんと テンション上がりすぎて 鼻息荒く質問する私。

そして以前 私達が住んでいた場所が 見当たらないので聞いてみると
2、3年前に取り壊され 違う家が建ったそうで 
どうりで 見つからないはず・・・・

その後 父が出張のときに よく行っていた うどん屋さんへ。
イメージしていた店内とは違い 活気の無い古ぼけた店になり
大好きだった 味噌煮込みうどんも うすい味噌と安っぽい器になり・・

小学校の帰りに寄っていた 駄菓子屋は 普通のお菓子屋になり・・・

30年の月日は やはり長く
私達の 想い出全てが 否定されてるみたいで 少し悲しく 寂しかったけれど
帰りの新幹線の中で食べた ジャムパンは当時のまま
目をつぶって食べていると 福島の想い出が 
つい先日の事のように思い出されるのでした。
[PR]
by tambour-cheese | 2009-09-11 03:44 | 休日