街でいちばん小さなケーキ屋からのお知らせ と 出来事を綴ったブログです。          福岡県大牟田市築町3-6  0944-56-5506


by tambour-cheese
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TOKYO

それは まるで
砂漠のオアシス

この日も 35度を超える暑さ。
炎天下の中を 歩きつかれ フラフラになってるところに
お目当てのカフェ
「itonowa」を発見!

目立たないほどの看板をみつけ
おそるおそる扉を開けてみると
そこには おしゃれな店内がありました。

控えめで 素朴な店内。
簡単なようでいて こういうセンスって
意外と難しいのです。

そこで カレーと手作りしょうがのサイダーを頂き
エネルギーを補給します。

スパイスなカレーと
ビリビリの しょうがの刺激が
暑さで 乾ききった細胞を目覚めさせてくれます。

周りは下町の住宅地というのに
おしゃれな若者(もちろん自分も含む)が
次から次へと おとづれます。

小心者のわたくし(笑)
店内写真撮れず
こちらは お持ち帰りスコーンの写真です。
c0164401_28872.jpg

この包装の仕方も
おしゃれなのです。
c0164401_29478.jpg


TAMBOUR 8月31日まで おやすみさせていただきます。





すっかり元気になった私
次に向かうは 前から行きたかった
銀座にある画材店
「月光荘」

地下鉄から地上に出ると
容赦ない 太陽の光が じりじりと再び攻めてきます。

そんな中
滝のように流れる汗をかきながら
道に迷い ようやく見つけた建物は
予想していたのより 
ずいぶんと こじんまりしていて
少し 入りにくい雰囲気

勇気を出して扉を開け
中に入り 店内を眺めていると

「何かお探しですか?」と
若いスタッフが駆け寄ります。

ただ 見てみたかっただけだったけど
「ノートを探してまして」と 咄嗟に嘘をつく私

例の病気です 気取る病気

「絵を描かれるんですか?」とスタッフ。
「え?え・・・・まぁ スケッチが好きで」と 嘘つき私

「そしたらですね・・・・」と 紙の厚さ ノートの大きさを 
細かく説明してくださるスタッフ~

最終的には
絵を描きながら その横に詩を書く旅人に 自分を設定している私。

「旅先からは こんなのもおすすめですよ」と
切り離せば 葉書になるスケッチまで進められ

きづけば・・・・店内見るだけのはずが・・・

c0164401_2221410.jpg

こんなに買ってました。

スタッフの方・・・
嘘をついて ごめんなさい
旅人でも詩人でもないけれど

旅した時には
使わせていただきます。
[PR]
by tambour-cheese | 2010-08-26 02:09 | 休日