街でいちばん小さなケーキ屋からのお知らせ と 出来事を綴ったブログです。          福岡県大牟田市築町3-6  0944-56-5506


by tambour-cheese
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

夕飯の調達

c0164401_02343635.jpg
c0164401_02354015.jpg
c0164401_02361395.jpg

日曜日の夕食は だいたい私の当番なので 
材料を調達に 2カ所へと出かけました。

1カ所目は 丘へ

2カ所目は 小川へ

土筆の卵とじを作るため 山の入り口にある丘へと行ってみたのですが
既に摘まれてしまったのか もしくは これからなのか
ちょうどいい大きさの土筆は無くて まだ 土の中から出て来たばかりの小さなものや
スギナ?になってしまったものばかり

残念!

探してるとき 小動物の糞を発見! ネズミじゃないし 野うさぎかな?
私と その動物と同じ場所で食べ物を探してると思うと
なんだか 同じ動物としての親近感が もの凄くわいてしまいました。

それにしても 朝雨が降ったせいか 湿った土と草の香り 
そして 聞こえるのは 鳥の鳴き声
新鮮な空気の存在感が ものすごくて 本当に気持ちよかったなぁ
何度も深呼吸♪


気を取り直して 次のメニュー 
クレソンのサラダを作るために 小川へ。

ここの小川はとっても奇麗な水が流れていて
蛍の時期になると フワフワと光の玉が舞う 幻想的な景色が見れるところです。

ここは・・・・ムフフフ・・・・
クレソン ぎっしり
一面クレソンです。
c0164401_02371495.jpg
ザ〜っと ひとすくいするだけで 1週間分のクレソンが採れます。

ここは 昔 源平合戦で追われた兵士が ここまで逃げて来たという言い伝えのある場所。
奥の方に古い家が1件あるのですが
その兵士の末裔が たしか双子のおばあさんが暮らしてるというのを聞いた事があります。

パワースポットで有名といわれる所へ 何カ所か行きましたけど パワーのパの字も今まで感じた事は残念ながらありませんが
ここは なんとなく あまり人を近づけさせないような そんな高貴な気が流れてるような気が 毎回訪れる度にします。
ここだけ時空が止まってるような そんな場所。

だけど そんな空気が大好きで 蛍 銀杏 そしてクレソンと 度々おとずれます。

しかし なんですね
体は確実に年をとっていますね。

まず クレソンのある小川に入るのに 約1メートルある所からジャンプして降りなきゃ行けないのですが 
着地した瞬間に 腰やられました。

そして 取り終えて 上がる時
これが なかなか上がらないのです。
跳び箱を飛ぶ感じで 両手ついて ポン!と上がって足をかければいいのですが
足も上がらなければ 体も重くて上がらない。

こなまま この小川に置き去り・・・・と 半べそかきそうになってしまいました。
靴とズボンと泥まみれになりながら やっとのことで上へ。

そのあと そんな姿であることを すっかり忘れて 帰りに ゆめタウンに行ってしまったのですが
帰って 泥だらけな私に ハッ!。

今日15日は ポイント5倍で ただでさえ人が多かったのに・・・顔は気取ってたのに・・・
どうりで レジの人 伏し目がちに対応されてた気が・・・・・

というわけで 山で遊んだおかげで 夕飯に餃子を20個も食べてしまいました。
白菜入り餃子で 羽根つき これがなかなか美味しかった(自我自賛)
クレソンもパール柑?と合わせてサラダに。

しまった!明日は 健康診断だった!
















[PR]
by tambour-cheese | 2015-03-16 02:25 | 休日