街でいちばん小さなケーキ屋からのお知らせ と 出来事を綴ったブログです。          福岡県大牟田市築町3-6  0944-56-5506


by tambour-cheese
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:休日( 218 )

断捨離

c0164401_23571787.jpg

ここ最近 夏が戻って来たような暑さですね。

あちらこちらでイベントがやっております。
先日 今年最後になるであろう かき氷を食べてきました。
美味しかった〜〜〜♪
tambourかき氷も あと1回くらいはできるかと まだ機械をしまっておりませんでしたが
今週は もう10月ですものね。。。


先日 蚤の市にいきまして・・・ そう・・あの日も暑かった あの事が起きるまでは・・・

断捨離。
すずしくなったし そろそろやろうかと 棚の上にずーっと置きっぱなしになっていた篭をあけてみたら
ボロボロの継ぎはぎだらけの布が ごっそり。 かなり古そう。
久留米絣です。

友人が小布でパッチワークを作りたいというので
奇麗なのだけ あげることにして こんな継ぎはぎ失礼にあたるし あげれないよね なんて言って かなりの量をゴミ袋にまとめて捨てたのです。
そんな事をやったあとの 蚤の市。

アンティークの久留米絣の端切れが売っていたので 値段を見ると
一 十 百 千・・・・えええつ!ままままま 万!!4万8千円!!
継ぎだらけの布が一番高くて うそ〜〜〜っ!!
汗が吹き出すほどの暑さだったのに 一気に血の気が引き 暑さも吹き飛び 即 母親に電話。

「あれ! あれあれゴミに出した???」
主語が無くて わからないという母に 順を追って話すと
もう おととい捨てちゃったとのこと。


しかし なんですね。
一見 ゴミのように見える物でも ある人にとっては お宝なのです。

家に帰ると あげようとしてた 布の束から何枚か元の袋に戻していた母。
もちろん 私も一緒になって戻しましたとも。
(こういう 小さいところが結局損を産んでるのかもしれませんね)

断捨離・・・・
なんでやっちまったんだろう・・・
ますます 物が捨てられなくなりそうです。






















[PR]
by tambour-cheese | 2015-09-28 23:59 | 休日

さーて♪

c0164401_18363648.jpg

休みだ!休みだ〜〜〜!否 お勉強 & 研修だわ ふぅ〜。

ここ大牟田は 秋晴れのいいお天気になりました。
さっそく 早起きしまして お勉強の為 めぐるお店リストを片手に出発いたしました。
道中 彼岸花も咲き 空を見上げれば 晴天の秋空
なんて 気持ちいいんでしょう♪

1件目の店へ。
ナビと勘を頼りに 近くをグルグルまわるもお店が見つからない・・・
おかしい・・・ちゃんと定休日を調べてきたもの。
今日は開いてるはず。

途中 遺跡巡り団体さんなんかがゾロゾロやってきて 紛れ込んでしまったりして・・・
で 20分後

「え〜〜〜!嘘でしょ〜〜〜!!」
お店を見つけたものの

「本日臨時休業」の紙

もう 本当にがっかりです。残念です。なかなか来れないのに・・・



で はっ!としました。
tambourも23日(水) 臨時休業するではないか!!と。

せっかく来て下さったお客様は こんな気持ちで帰られるのかと・・・・
なんて 申し訳ない事を平気でしてしまっているんだろうと・・・

その事を 身内に話しましたら

「こ〜んないい天気なのに わざわざtambourに来ないって。もっと素敵な行楽地とかに行ってるって!」
身内が故に なんという・・・直球も直球すぎる球を 心の弱い所にズシッと投げ込んできやがった(あっ お言葉が・・・)

まぁ 確かに 自分の事を過大評価 そして うぬぼれて そして 天狗になってたかも・・・
でも わざわざ来て下さるような そんなお店になればいいなぁ いや していかなければ・・


気をつけよう
身内の言葉と天狗の心。

今日も一つ お勉強いたしました。



















[PR]
by tambour-cheese | 2015-09-20 18:38 | 休日

モモレモン

c0164401_15122927.jpg
何曜日? 何時から? 何時まで?
どれも 決まっておらず ヒョイと始まる お冷やも出ない 自分のことしか考えていない店。それはtambour喫茶
どうも・・すみません・・・

今回も お天気がとても良かったので ヒョイと始めましたよ。

今回のメニューは
サラッとした桃のシロップを作り それに 国産レモンを漬け込んだ 甘くて ほろ苦いシロップを会わせた かき氷

*モモレモン
食べ終わったあとに ぽわ〜んとお口から泡が出てきそうなネーミングですが・・・

それと そのレモンシロップと 生姜のシロップを炭酸水でわった
*炭酸レモン水withお好みで生姜

でした。

あと1回くらいは かき氷できるかなぁ・・

tambour前に大きい黒板が出てるときが 喫茶やってます の目印です。
(喫茶といっても スペースに机と椅子を置いた簡単なものですが・・・)
もし見かけたならどうぞ ふらっと お立寄り下さい。

今回 来て下さった方々
ありがとうございました。
一期一会 大切にします。



















[PR]
by tambour-cheese | 2015-08-23 15:14 | 休日

普通な日

c0164401_21591206.jpg

うひゃー ご馳走だぁー 
お寿司だ お寿司だ わーい♪
こうなったら バクバク食べちゃうぞー
どれから 食べようかなぁ〜 と 心の中で。

今日は親戚の家へ。お盆ですから。
私は 自分の作ったケーキを持って。


そして 終戦記念日ですね。

会うこともできなかった33才でミャンマー(旧ビルマ)で戦死した祖父の話しを聞きながら 戦争について考える。

「小さい時に亡くなったから 何も覚えてないわ」と伯母さん。
もう ここにいる誰も 祖父の事を覚えてる人はいない・・・

なんて話しを聞きながら 私はじーっと寿司を見つめている。無意識で。

「ほら お昼になったし 食べましょうお寿司 沢山食べてね」とおばさん。


そして 私のケーキを楽しみにしてたと喜んでくれる親戚達。
お経をあげに来て下さったお坊さんも 「美味しい」と喜んでくれて
横から誰かが「それじゃ お坊さん公認のケーキ屋タンブルでいいですか?お坊さんの写真を店内に置いて 吹き出しに「私達坊主も大好きです このケーキ」みたいな と。

確か 去年も一昨年も同じ事を行ってた気がするけれど と みんなうすうす感じながらも 大笑い。

こうして 皆で ワイワイとお寿司を囲んで笑って・・・・どうか こんな普通な日が いつまでも続きますように。












[PR]
by tambour-cheese | 2015-08-15 22:04 | 休日

Heaven?

c0164401_00453414.jpg
ホームページの写真より(↑)
c0164401_00485203.jpg
それはまるで天国の入り口
c0164401_00512149.jpg
c0164401_00520706.jpg
とにかく素晴らしかった
最終日に間に合いました。

吉岡徳仁展ートルネード
佐賀県立美術館
8月2日(日)まで














[PR]
by tambour-cheese | 2015-08-03 00:56 | 休日

かき氷&炭酸レモン

c0164401_16101814.jpg
(大牟田の空 3時頃)

昨日は まさに かき氷日和でした

3時からの販売だったのですが
開店11時前に来て下さった方や お昼頃に「かき氷ください」と 汗をかきながら真っ赤な顔で来て下さった方や・・

シロップはできていたのですが
氷は1時間前くらいから 少し溶かしたりしと準備が必要なので お渡しできませんでした。 本当にごめんなさい。


昨日は結局
*北海道小豆と練乳たっぷりの 氷あずき
*桃の果肉をゴロゴロンと入れた 桃のかき氷
(練乳を加えたい方には サービス)

*炭酸レモン
 (お好みで 生姜シロップをサービス)
皆さん 生姜もお願いしますと言われて。 ピリピリ刺激がお好きなんですね〜〜〜私もです。

このようなメニューでお届け致しました。


暑い中を ご来店くださいまして ありがとうございました。
お二人で来られたのに 3つとも注文される方とか 何組かいらっしゃって・・・
お腹 ピーピーになってないか心配です(笑)

注文のかき氷を お渡しする前に こそっと写真を撮ろうと思っていたのですが
バタバタと慌ててしまい 撮れませんでした。
(たいしたことしてないのに 慌ててしまう バタバタ病なのでお許し下さい)


こちらは台風が近づいてます
先ほどまで 「たいしたことなさそうだな」と思っていたのですが
外が暗くなり 風もでてきたようです。

台風の進路が気になります。
皆様も どうぞお気をつけ下さい。





















[PR]
by tambour-cheese | 2015-07-26 15:43 | 休日

それでも・・

c0164401_02222575.jpg
c0164401_02231778.jpg
あの美味しさが忘れられず
美味しさの確認を兼ねて
駅から徒歩約20分
暑い中 大好きなお店へとたずねました。

入り口から本当にお洒落。
素敵ね〜と思いながら店内に入ると

覚悟はしてましたが やはり待ってる方が

お店の方:「申し訳ございません 満席でして・・・」
私たち:「待ってもいいですか?」
お店の方:「ただいま5組の方がお待ちなんですが それでも・・・」
私たち:「あっ 大丈夫です こちらで待たせていただきま〜す」

まさか まさか待合室の お二階の入り口が 地獄の(失敬!)入り口になるとは 誰が想像できようか

ソファーや机がとても素敵♪
だけど歩いて来た私たちにとっては とにかく暑い
冷房も無い部屋で背中と額から汗が滝のように流れ落ちる

私が店員ならば
「2階は とにかく超〜〜暑いですよ〜。それでも・・大丈夫ですか?いいですか?申し訳ございませ〜ん」と やたらヘコヘコしながら ニヤニヤしながら お客様に言ってしまうと思うのですが お洒落なお店は違います。

一言「ではお二階でお待ち下さい」
シンプルにそれだけです。

確かに先ほどお店の方が
それでも・・・」と言われてましたが 

「それでも」の前に隠されてた言葉は
 「待ってる間 かなり暑くて 苦痛かもしれませんが それでも 大丈夫ですか?待たれますか?」だったのかもしれません
それを 汲み取れなかった私が悪いのです。


他にも待ってる方がいたのですが
「扇風機くらいつければいいのに〜」とか「いくらなんでも暑すぎるよね」なんて言ってる人は誰一人として居ず 
 
どこそこのランチは美味しかったよね とか
こないだ買った洋服がね とか 
お洒落な装いで たまにハンカチで汗を押さえながらも 皆さん普通にお友達とお話をされてるのです。

ここで 誰かぶーぶー文句を言ったなら それは ちっともお洒落ではないし お洒落空気が乱れますものね。
もしかすると ここにいるお客さん一人一人に ここに漂うお洒落旋律を乱してはいけない そんな意識があるのかもしれません。


そして・・あれは・・私に異変が起きはじめたのは・・・
窓の外の空が だんだんと真っ暗くなって 大粒の雨が降りはじめ 「キャー!」っと雷鳴に驚き そして 雨は止み 何事もなかったかのようにまた晴れて 湿気がプラスされた暑さの中・・・私たちは まだ待ち合い室。かれこれ1時間ほど待ったころかしら


まず なんだか眠たくなって そのうち手が足が少し痺れてきて・・

そうだ朝から水も飲んでないし・・・ お腹もペコペコだし・・・
これは・・まさか 噂の熱中症?

いやいや ここで倒れるわけには・・
こんなお洒落な場所で倒れたら 他のお客様にご迷惑がかかるし 
何よりも こんなに頑張って待ってるのに 私まだ 一口も食べてない。

横から友人が「頑張れ!」なんていう励ましの声と しびれた手足を摩りながら気合いで乗り切る私。 
やっとお席へと名前を呼ばれた時
お店の方の後ろに うっすら光背が見えた気がしました。
「助かった〜 合掌」


はぁ〜♪1階は なんて涼しいんでしょ。
そして 運ばれて来たお水の 美味しいこと。
まさに命の水。救われました。

お料理も やっぱり ものすごく美味しかった。
大好きな味だった。

特に美味しかったのが塩。 サラダにかかっていて 噛むとザクっと口の中で崩れてお野菜と相俟って 本当に美味しかった。
(塩?やはり体が塩分欲してたのかしら)

横から友人が
「この流れ 全てお店の作戦じゃない? なんでも美味しく感じるような」って

「こらっ!シッ!」

そんなことは ありません。
やっぱり このお店の料理は美味しいことが確認できました。

途中 命の危険を感じたりもしたけれど
それでも私は 大満足 お洒落な空間で美味しい食事を ありがとう。


魅力あるお店は 
それでも 結局 最終的には満足させてくれるのですね。 本当に凄い。

また来ます!
もう少し 涼しくなったらね。





























  

[PR]
by tambour-cheese | 2015-07-20 01:33 | 休日

おっ!

c0164401_15094516.jpg

パクチー 紫蘇 ローズマリー ブルーベリー
虫が付いたり 蒸れたりと次々と弱って行く我が家の植物達


友人 知人から
「こんなに 育ってます」と送られてくる写真は
どれもこれも プリップリに はち切れんばかりに実っている 果実や野菜達


ふ〜ん と思いながら 我が家の見比べてみると
ちょろっと 実っている ブラックベリー
ベランダだし 無農薬 自然まかせ しょうがないよねーと思いながら あまり期待せずに収穫。

どうせ味も イマイチよ
と 思いながら パクリ

「ううううううまーい!」

ごめんよー
全然期待してなくて
友人のほうを 羨んだりしちゃっていて

小さくったって 美味しい。
育ってくれて ありがとう。
感謝しながら いただきます!


でもな・・友人のは もっと ワッサーっと実って プリプリしてたなぁ
もっともっと美味しいかもなぁ

なんて 羨んだり思ったらきりがないもんねーと言い聞かせながら
ありがたく いただきます。

でもな・・・気になるなぁ・・友人のやつ・・・

人間だもの・・・みつを ?












[PR]
by tambour-cheese | 2015-07-12 15:17 | 休日

女子会

c0164401_00452066.jpg
c0164401_00455689.jpg

喋って 喋って 食べて また喋る



「キャンディーキャンディーの最終回は アルバートさんと 結局 どうなるんだったっけ? で 6巻か7巻だけ やけに厚くなかった?」

なんて話しから

「伊勢神宮とかで行われる 古来伝統的な儀式には 美を感じるよね。それは 四季がある日本風土の影響もあるのかもね」

なんて話しまで 桃とモッツァレラの生ハム巻きなんかを頂きながら 喋る。



散々喋り&食べ さてお会計のころに

「ちょっと! 今日 集まった目的は 秋の旅行の計画じゃん!」なんて感じで 慌てて大まかな日取りを決める。


あー楽しかった。














 



[PR]
by tambour-cheese | 2015-07-07 00:46 | 休日

刺激

c0164401_00180035.jpg
はぁ〜とため息が出ちゃいます。

感覚が素敵な人って羨ましいなぁ〜と。

6月28日まで 「gallery QUONA」で行われてます 「Root」という植物とキャンドルのコラボ作品を見てきました。

同じ人間なのに どうしてあんな素敵な感覚をお持ちなのだろうか・・・
うわぁ〜 はぁ〜と人の心を 感覚を刺激できる人って すごいなぁ・・・

「座ってみると 森にいる感覚になれますよ」と言って下さったので 座ってしばらく森林浴気分。
c0164401_00184026.jpg
あまりにも素敵な空間だったので
そんな空間に劣らないようにしようと 自分以上のものを出そうと気取ってしまっていたのと
靴を脱いでギャラリーに入るのに 履いてった靴下が 網脂みたいなやつだったので
それが気になって 正直100%リラックスできなかったのが残念でしたけれど
素敵感覚は ビシビシと浴びてきました。

ほんと 素敵なものを見せてそして体感させていただきました。
ありがとうございました。




そして お腹もすいたので 気になっていたお店でカレーをお昼ご飯に。
(そうだ・・昨日の夜ご飯も カレーだった・・・笑)
こちらも ピリリとスパイスの刺激を感じながら 
ごちそうさまでした。

c0164401_00201178.jpg

刺激を浴びてリラックスしたのか
帰りの電車では 爆睡。

気づくと 夢を見ていて ニヤニヤ笑っている自分に 「はっ!」

横座りの電車なのに やばい!どうしよー 前の座席の人に 見られたかもーーーと 咄嗟にとった行動が
咳をするふりして 何度か口を動かして 笑ってるように見えるかもしれないけど これ咳ですけど何か?みたいな・・・・

というわけで
刺激ある休日でした。














  


[PR]
by tambour-cheese | 2015-06-23 00:17 | 休日